900年前の修道女ヒルデガルト、そして自然あふれる中世の世界に導かれて・・・
わたしたちの身体の中の宇宙は、常にハーモニー(調和)し続けています。
今また動き出した車輪の音のように、静かにひとつの音から響きあう、大いなる宇宙のもの達の魂を感じてください。

喜びの舞、高らかに鳴り響く古(いにしえ)の音と澄み渡る歌声が集う時…。
ヒルデガルトが、また目覚めようとしています。


【8/7 追記事項】
台風13号の接近に伴い、開催当日は荒天になる可能性がございます。
当記念祭は室内のため予定通り開催予定ですが、一部内容変更の可能性があります。
変更の際は当ページおよび各種SNSにてご案内しますので、ご確認下さい。

日時:2018年8月8日(水)
19:00開始(18:45開場) 21:00終了予定

場所:nakano-F http://nakanof.jp/access.html
(JR中央線・総武線 中野駅より徒歩5分)

参加費:
3,600円(当日精算制 お飲物・ライブチャージ込)
※オプションとして、中世西欧アレンジ料理を選択できます(別途1,500円)。
※当日参加をご希望の場合はメール(costmary@woodruff.press.ne.jp)までお問い合わせ下さい。

音楽:
Sally Lunn・近藤治夫・西下晃太郎・菅野真理子
スタルティネス・Umi・三谷祐加

トーク:
平垣美栄子(ヒルデガルトフォーラムジャパン代表)



演奏:Sally Lunn
中世二列弦ハープ、プサルテリウム、歌ほか

名古屋大須の箪笥店で出逢った、家具の廃材から復元された西洋古楽器、中世音楽の響きの美しさに衝撃を受け、それ以来、古楽演奏に傾倒。

楽器そのものの素材が持つ響きに耳をかたむけ、様々な楽器、歌、語りなどを交えながら、即興的創作音楽や中世ヨーロッパ音楽を演奏している。

Twitter → /@SallyLunn6

演奏:近藤 治夫
バグパイプ・ハーディガーディ他

古楽バグパイプ演奏家・製作家。古楽器演奏家。 ヨーロッパ中世・ルネサンスの音楽を演奏する「ジョングルール・ボン・ミュジシャン」代表。

中世民衆音楽の担い手である「放浪楽師=ジョングルール」に着目し、その社会的位置や演奏したであろう音楽について探究、 ライブハウス、ストリート等での演奏活動を展開。演奏と並行して古楽バグパイプの製作も行なっている。

Twitter → /@KondoHaruo

演奏:西下 晃太郎
クラシックギター・作曲

1985年生まれ。
ワイカト大学音楽院(ニュージーランド)チューリヒ総合芸術大学(スイス)にてギター演奏と作曲を学ぶ。民族音楽や宗教音楽の中にある祈りの精神性に感銘を受けたことが自身の作曲に影響を与える。

2017年までチューリヒを拠点に音楽活動を行い、現在は日本に帰国しジャンルを超えたアーティストと共演している。

 

菅野真理子
歌・パーカッション

山形大学教育学部を卒業、国立音楽大学大学院を打楽器専攻で修了。

在学中マリンバの演奏法について研究する。クラシック音楽に留まらず世界各国の音楽に触れ、演劇、ダンサーとも共演。音楽療法にも力を注ぎ、歌や楽器を通した人とのコミュニケーションを探求する。

Umi
踊り・太鼓・歌・セタール

過去に能の仕舞を学び、日本や世界の民族舞踊に興味を持つ。自身の創作による踊り、音楽に沿った踊りを追求し、ダフ(イランの片面太鼓)の演奏や歌にも取り組む。

主に、中央~西アジア、中世ヨーロッパ音楽の演奏者と共演している。

三谷 祐加
サクバット

2015年名古屋音楽大学管楽コース卒業。トロンボーンを小幡芳久氏に師事。2014~2016年濱田芳通・宮下宣子両氏共催のコルネット&サクバットセミナーに参加。サクバットと古楽奏法を学ぶ。
2016年12月朝日カルチャーセンターにて特別講座「トロンボーンの祖先『サクバット』」開講。現在バスサクバットをメインに活動中。

スタルティネス
リトアニアの伝統歌唱団

リトアニアの村で祝祭・儀式などの場や日常的に歌われてきた伝統的な女性合唱「スタルティネス」を研究、実践する団体。

地声でシンプルな旋律を輪唱したり、異なる音形を重ね合わせることで、自然発生的に聞こえる独特な濁りの響き、言葉のポリリズム、ポリフォニーが特徴。踊りを交えながらも歌う。

トーク:平垣 美栄子(ヒルデガルトフォーラムジャパン 代表)

1997年フィトテラピーサロン「ディ・エステ・ガーデン」を開設し、ハーブを使った独自の技術を展開。以来、フィトテラピストの育成、講演活動を続けている。
2006年9月にヒルデガルトフォーラムジャパンを立ち上げ「ヒルデガルト自然学セミナー」を中心に、より深い自然療法の世界を研究。師匠であるドイツのハイルプラクティカのペーター・ゲルマン氏の招致(屋久島、穂高、高野山)し、フィトテラピー講座&イベントを開催。

2012年、一般社団法人 自然療法機構(NaO)を開設し、全国の有志と共に日本における自然療法の力を世界に発信する準備に日々猛進中。活動のひとつに日本の知恵を繋げる「1本草プロジェクト」開始、(福島・宮城)編を制作。
年に1度、全国のセラピストや自然療法士を集めて、交流、情報交換の場「NaOフェス」を開催している。


中世西欧アレンジ料理:繻 鳳花 (中世西欧史民俗研究家/コストマリー事務局)

Twitter → /@shuhohka


主催:ヒルデガルトフォーラムジャパン
運営協力:運営協力:中世の暮らしプロジェクト Anonymous / コストマリー事務局