【妖精たちが集う場で、静かな悠久の物語に耳を傾けて。】
世界各地に残る「フェアリーテイル(妖精のおとぎ話)」。
ある時はちょっとした悪戯を、ある時は助けてくれる存在として、現在も多くの妖精たちが存在するといわれています。

5月は新緑の季節。
古来より「緑がより豊かになる」と多くの人々に歓迎された季節でもあり、多くの地域で豊穣を祝いました。
妖精の世界でも「多くの種族たちが活発的に行動する期間」ともいわれています。

そんな喜びの緑の季節にちなんだ妖精たちの伝説や物語を、国内随一のフェアリードクターがご紹介します。

妖精たちが集うといわれるカフェバーで、優しさあふれる軽食やお飲み物と共に、素敵なひと時をそっとお過ごしください。


日時:2022年5月1日(日)
昼の部 12:00~14:00(予定/ 開場 11:45)
夜の部 18:30~20:30(予定/ 開場 18:15)

※両回共に最大定員10~11名

参加費:4,700円(妖精譚ライブ特製ライトミールプレート+ドリンク+デザートセット・ライブチャージ込 当日精算)
※ドリンクは1杯分が参加費に含まれています。2杯目以降は別途料金が追加されます
※ご予約人数は1グループ最大2名様までとなります。
※原材料等の高騰の影響を受け、今開催回より参加費の値上げをさせて頂きました。ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

場所:Once upon a time cafe & bar
https://sites.google.com/view/hobbit-cafe

千葉県船橋市本町5-2-20 興和第6ビル2F
JR総武線・船橋駅より徒歩3分 / 京成本線・船橋駅より徒歩5分

 


語り部:高畑 吉男

アイルランドを中心とした妖精譚の語り部、フェアリードクターとして精力的に活動中。
2010年、アイルランドに妖精学のフィールドワークの為に留学。約1年間、スライゴ、ゴールウェイ、北アイルランドなど、アイルランド神話、民話の舞台を歴訪。

その後も毎年、アイルランドと日本を行き来する。
2019年、アイルランド南西部ケリー県キラーニーに長期滞在。土地の人たちと交流を重ねながら、さらなる妖精譚への理解と『語り』の普及に努める。

:主な著作(商業):
アイルランド妖精物語(戎光祥出版/2021年)
彼らと僕ら。妖精紳士録(銀河企画/2022年)

公式HP http://www.oberon-kingdom.jp/
Twitter @bardoffairyhill

 


 

会場協力:Once upon a time Cafe&Ber

中世ヨーロッパの酒場を思わせる店内で、メニューに散りばめられた物語を感じながら、非日常感を楽しんで頂く。
そこにはホビット、エルフ、ドワーフ、妖精、様々な種族が集う酒場があった・・・
そんなバックストーリーが込められた小さな隠れ家カフェです。

ちょっと息抜きしたい時、仲間と語り合いたい時、ひとりになりたい時・・・
様々な人生と物語が集う場所で、今日もあなたをお待ちしております。(公式サイトより抜粋)

HP https://sites.google.com/view/hobbit-cafe
Twitter @hobbitoncafe
Instagram @once.upon.a.time.cafe

主催:コストマリー事務局
共催: Once upon a time cafe & bar